読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

F.O.B COOP Wリングノート クロス罫 キョクトウ・アソシエイツ

図や表が書きやすい新スタイルのノート

 

2種類の十字が5mm間隔で均等に配置された新感覚のノート。

十字を目安にすることで、文字や図形を細かくきれいに書ける。実際に定規がなくてもフリーハンドで真っすぐな線が引けた。

また、付箋をまっすぐきれいに貼れるのも気持ちがいい。

実際に使用してみてフリーハンドで図形や表、グラフなどを簡単に書くことができた。

濃淡2種類ある十字は意外に見やすく開放感もある。

この記事の内容はコチラを参考にしています 日経トレンディ 2017年 3月号 [雑誌]

ノリノプロ プラス

封筒閉じやプリント貼りなどがきれいにできるテープのり

 

新機構のガイドを紙の端に掛けてテープを引くことで、真っすぐにのり付けできる。

ドットのりタイプと強粘着タイプの他、付箋を作れる剥がせるタイプの3種を用意する。

ガイドを紙の端に沿わせてから本体を引き、ノリ付けを行う。

テープの長さは22mあるので、コストパフォーマンスもいい。

 

この記事の内容はコチラを参考にしています 日経トレンディ 2017年 3月号 [雑誌]

テープノフセン ヤマト

好きな長さに切れるカッター付き付箋

 

必要な長さにカットして使える付箋。

ロール状で全面にのりが付いているため、しっかりと貼れて剥がれにくいのも強みだ。 テープ幅15mmのポケットサイズで持ち運びに向く。

ローズ、オレンジ、ライム、レモンの計4色を展開する。

 カッター付きで好みの長さに切れるだけではなく、全面のりで接着力も強力な為付箋を無くしにくくなるというメリットも。

この記事の内容はコチラを参考にしています 日経トレンディ 2017年 3月号 [雑誌]

スライドクリッパー オート

軽い力で留められるスライド式クリップ

 

手で簡単に着脱できるクリップ。最大で20枚ものA4用紙を留められる。

付属のホルダーに入れればペンケースなどにもすっきりと収納可能。 クリップの内側は弾力のあるポリプロピレン製で、挟むものを傷つけにくいのも利点だ。

使い方もとても簡単で、半透明のポリプロピレン部分で紙を挟んでから上部のカバーを押し込む。外すときは上に引けば軽い力で外すことができる。

この記事の内容はコチラを参考にしています 日経トレンディ 2017年 3月号 [雑誌]

オールメタルセーフティカッター OLFA(オルファ)

切り終わると刃を収納するプロ用ツール

 

スプリングを内蔵しているため、切り終わると刃を本体に自動で収納する。

食品関連などプロの現場向けに開発された商品だが、宅配便の開梱用カッターとしても役立つ。ステンレス製で水洗いできメンテナンス性が高いのもいい。

刃にかかる抵抗がなくなると、スプリングの力で本体に内蔵される仕組み。 因みに出した刃を固定することはできない。

この記事の内容はコチラを参考にしています 日経トレンディ 2017年 3月号 [雑誌]

折らなくていいカッター オランテ

もう折らなくていい!安心のカッター「オランテ」

 

刃を折らなくても切れ味が持続するカッター。

フッ素加工などを施し、アンケート調査で浮上した「刃を折るのが怖い」という不安を解消した。

刃はカートリッジに収納されているため、交換時に触れなくていいのも安心できるポイントだ。

 

この記事の内容はコチラを参考にしています 日経トレンディ 2017年 3月号 [雑誌]

筆ボール[オート]

ペン先がスムーズに滑る、驚きの極太ペン

 

肉眼ではっきりと見えるほど大きい直径1,5mmのボールをペン先に採用したペン。

極太の文字をするするとスムーズに書ける。

筆のように漢字の止め、はね、払いの表現ができ、宛名書きなどに特に向く。

赤と青の2色を用意している。 太いペン先で紙の抵抗を感じず書ける。

インクの量が多いため、使う紙によっては滲んでしまうことも。

この記事の内容はコチラを参考にしています 日経トレンディ 2017年 3月号 [雑誌]